スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿って結構うまい!

久々です。

前回ご案内したとおり、
先日、商工会事業で鹿肉を使った料理講習会を開催しました。

東京からフレンチの巨匠、酒井一之先生をお招きして、
6品を作っていただきました。

まずはクスクス
観光女性部後期料理講習会(H21.11.25) 041
砕いたパスタを茹でて、鹿肉と野菜を茹でたものを合わせていただく。
あっさり味で、前菜にぴったり。白ワインが・・・

次はクラポーデン
観光女性部後期料理講習会(H21.11.25) 059
写真がボケてますが、鹿肉に小麦粉とパン粉をまぶして、少量の油で焼く。
忙しくて、味見できず人聞きでは、臭みがなく、風味がよしとのこと。

次が鹿丼
観光女性部後期料理講習会(H21.11.25) 072
これは、ハマりました。
ご飯の上に鹿を油で焼いたのを乗せ、季節の地元野菜とコラボ
インパクトに焼いた卵を乗っけて、味は生姜を入れた、しょうゆたれで決める。
これが、絶品、大ハマり! 癖になる味で、これを地元で販売したら、
リピーター確保は間違いなし。
是非とも商品化すべし・・・

ラストは、鹿鍋
観光女性部後期料理講習会(H21.11.25) 075
材料は、ご覧のとおり。
観光女性部後期料理講習会(H21.11.25) 090
鹿肉と季節の地元野菜。
これを最初から全部入れて煮る、煮る。

鹿肉は火が通るとすぐに堅くなるので、最後に入れて、出来上がり。
観光女性部後期料理講習会(H21.11.25) 088
また、写真がブレテますけど、こんな感じです。
これは、地域の民宿で出していただいたら、評判になると思います。
冬はカニで、春と秋は、すき焼き&鹿鍋で売り出しましょう。

その他番外編で、
観光女性部後期料理講習会(H21.11.25) 094
鹿肉を軟らかくする方法!

観光女性部後期料理講習会(H21.11.25) 099
市販のドミグラスソースに、鹿肉の屑肉、野菜を入れて煮ると、ソースが減らず、
味も格段に向上します。
みなさん、お試しあれ!

今回で教わったことは、
①地域をあげて取りかかることが大事で、メニューもある程度「決め事」をつくり、後は提供者の
オリジナルでいく。
②物語性が必要。なぜ、この地域で鹿なのか、この料理を出す、必然性や絶対性が要る。
③肉を焼くこつ:サラダ油とバターを同量いれ、バターが溶けて少し焦げだしたところがタイミング。

とのことです。みなさんお試しあれ!

今後は更に開発を進め、3月にイベントでお披露目します。
みなさん。乞うご期待!

今回は、フードコーディネーターとしての資格が初めて役に立ったお仕事でした!

食材を提供いただいた方々、観光女性部のみなさん、地元のみなさん、
また、市当局の方々もお越しいただきました。
関係各位のみなさんに厚く御礼申し上げます。

スポンサーサイト
プロフィール

yu-ishi

Author:yu-ishi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。