スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市帝國 大艦隊・・・真空管アンプ工房2

いやぁ~暑い、熱い、厚い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしですか?
すっかり書き込みをサボってました。

以前にもお話しましたが、福崎にある真空管アンプ工房さんに再びお邪魔してきました。
真空管アンプがどういったものか、ご想像していただいたと思いますが、
以下のように写真をとってきました。

非常に音質が高度であるのは、もちろんですが、その外観にも引き込まれます。

みなさんは、何のように見えますか?

わたくしは、宇宙ものの映画にでてきそうな”都市帝國”あるいは、大日本帝國海軍の
大戦艦部隊に見えます。

大和よりも前の戦艦で、長門や陸奥、金剛、榛名、扶桑、山城といった感でしょうか?

みなさんの感想をお聞かせ下さい。

07.07.26真空管アンプ工房 014

07.07.26真空管アンプ工房 015

07.07.26真空管アンプ工房 016

07.07.26真空管アンプ工房 018

07.07.26真空管アンプ工房 019

07.07.26真空管アンプ工房 020

いかがですか?大迫力でしょう?
気になるお値段ですが、個人で製作しておられるので、価格があってないようなものですが、
30万~300万以上だそうです。

非常に源音の再生に努力されており、如何に余分なものを除くかという設計思想のようです。
特に真空管とトランスの相性が重要だそうです。

旧ソ連製の軍事用真空管(かつて亡命したミグ29に使用)は耐久性と性質ともに最高レベルだそうで、トランスとうまく合わせると最高の音質が得られるようです。

また、製作者の松岡さんは、自分の気に入るトランスが見つからない場合は、
ご自分で手巻きして作製されるとのことです。
その想いや音質、外観からして、当然の値段と思います。

一度ご視聴下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へぇ~、すごいですね。
ただただ「驚き」です。

No title

まずは、値段に驚きです
かなり、マニアックですね~~
私が見ても何がなにやらさっぱり解りません・・・
プロフィール

yu-ishi

Author:yu-ishi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。