スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんわか、のんびり、ノウテンキ

4月になりました。
朝晩がまだ寒いですね。

しかし、日が出ると少し暖かいです。

未曾有の不景気で大変ですが、
なんとか脱出するための行動が必要ですね。

しかし、私は今の日本人はのんびりしてますね~

隣国が軍事的行動に出ると言いながら、
世間はどう考えているのか?

必要以上に扇動するのではありませんが、
こんな状況は、宣戦布告の一歩手前
いわゆるDC2というレベルです。

有効な対処方法は1つ、
基を絶つことです。

なめられまくってますね、今の日本。

昔みたいなのもだめですが、今もどうか?
竹島問題しかり。

「国と国との話合いで、なんじゃかんじゃ言うても最後にモノを言うのは軍事力じゃ」
と外交官であった祖父が言ってたらしいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すばらしいおじいさまですね。
最後にものを言うのは軍事力ですか。さすがですね。
有事にはさっぱりですね、わが国は。

危機感

うちの子(保育園)は毎日ミサイルのことが
すごく気になっているようです。
ミサイルが日本に向かって飛んでくるのが怖いようです。
でも、なんか大人はさめてますね、
マスコミ含めて有事だという意識が薄いようです。
元自衛官のゆうさんは危機感ありそうですね…。
また、軍事的なコメント聞かせてください。

では少々軍事的なコメントを・・
それより、やはり、おこちゃまが可哀そうですね。
そりゃ、怖がると思いますよ。
ショッカーの地球征服並みかな?

今回●●鮮が、飛翔体(恐らく中距離戦術ミサイルとして応用可能な)を発射しました。前回は事後に情報を知ったような有様ですが、両国の思惑もあり、事前の通告ありでの対応でした。
全く個人的見解ですが、
戦術的には、ある程度事前に予定した箇所にミサイルを着弾させる技術を持ったということが最大の評価ではないでしょうか?
長距離を飛ばすには、天候(気温、湿度、風等)や地球の状態(自転速度、磁場の変化等)の数々の発射諸元データをセットして、標的までのコースを修正する必要があり、そのデータの収集と解析と実運用にまでたどり着いたということで、これはすごい進歩です。
戦略的には、いわゆる「核のカード」を手にいれることで、国際的に「無視できない国」として認知させることには成功したかもしれませんが、それは後に大きな代償を払うことになるでしょう。内政的にも体制維持としてのアドバルーンが必要で、
国内統治にも役立つのでしょう。
では、どうすればよいのか?
戦略的には、日本得意の「話し合い」でもしてはどうでしょうか?
聞いてくれる相手ではないと思いますが。
アメリカと上手く付き合うことで、様々な圧力をかけることぐらいでしょうか?
戦術的には、ミサイルをミサイルで撃ち落とすなんて、基本的には不可能なんです。
あれは、「いつ、どこから、どれくらいの速さで、どこに向かうのか」があらかじめ明確な場合(訓練等)にのみ成功します。
ですから、旧ソ連の戦術思想に「トット攻撃(複数同時着弾)」というのがありまして、90秒以内に数100発が着弾するような攻撃方法を海陸を問わず実施します。
こんな場合どうしますか?
もともとイージス艦はこの複数同時目標に如何に迅速で正確に対処するのかを
具体化した艦艇で、フェーズドアレイレーダーと解析コンピューターのお化けなんです。
最も有効な措置としては、燃料装填の完了前にミサイル基地を先制攻撃することです。
現状では、航空自衛隊と海上自衛隊の能力では可能と思いますが、これは相手の反撃が無い場合で、現実的には無理でしょう。やるとしたら、ステルス爆撃機による奇襲、或いは強襲しかありません。その訓練は、嘗て朝来のダムに向かって米軍機(おそらく岩国のアメリカ海兵隊のF18かハリアーかその他の対地攻撃機)がやっていたようなやつでしょう。
つまり今の日本では技術面で相当の不備があります。これは、政治や予算が原因で、そのつけを自衛隊の責任とされています。今までの日本は自分で両手・両足を縛って、K1選手と格闘しろと言ってるようなもんで。やらされるほうはたまったもんじゃありません。
これからは、戦争や国防をもっと、事前準備とそれを可能とする技術論で考えていきたいのですが、日本人はいつまでも過去の歴史に囚われています。そんなんどうでもいいから、如何にして国民の安全と安心を維持できるのかについて、冷静に考えたいものです。
もっと言いたいことはありますが、また・・・・ /(-_-;)
プロフィール

yu-ishi

Author:yu-ishi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。